この春、絶対に行ってみたい!タイの水かけ祭り『ソンクラーン』

5615626518_b6fa0f001f_b

photo by sholaisen

『タイの水かけ祭り』や『タイのソンクラーン』という言葉を耳にしたことはないでしょうか。

タイの旧正月を祝うお祭りで、毎年4月13日~15日の間は祝日としてこの『ソンクラーン(水かけ祭り)』が行われます。

もともと『ソンクラーン』は仏像などに水をかけてお清めをしたり、家族の年長者に水をかけてお清めをしていたことから始まり、現在では、若年層を中心に海外からもこの『ソンクラーン』のためにタイへ行くほどの大きなお祭りになっている。

『ソンクラーン』はこの時期、全国で行われていますが、主にバンコク、チェンマイの『ソンクラーン』が有名で、中でも一番派手なのがチェンマイの『ソンクラーン』らしいのです。

バンコクのソンクラーン

TH_5D3_1439

photo by thaismile.jp

バンコクの『ソンクラーン』は世界的に有名なイベントになっていることと、タイへの入口の都市になっているため、沢山の『人』でごったがえしています。

なので、ゆっくり歩きながら水のかけ合いを楽しめるのがバンコクの『ソンクラーン』の良さではないでしょうか。

チェンマイのソンクラーン

TH_Songkran_Chiangmai_2014photo by thaismaile.jp

ソンテウ(乗り合いタクシー)やトゥクトゥクからありとあらゆる場所から水が飛んできます。

みんなの装備にも気合が入っているので、会場はサバイバルゲームのような雰囲気ですね。

ソンクラーンの様子

54899_38092_5144

54899_38093_5956

54899_38105_236

photo by KNS

5D3_1448

TH_5D3_3855

TH_5D3_3781 (1)

photo by thaismaile.jp

ソンクラーンのルール

お坊さんと警察官にだけはかけちゃダメ!

参考:searchina

『ソンクラン』の基本ルールは“怒らないこと”。
いつ何時、誰からどれだけ水をかけられても、それはありがたい行為であり、怒ってはならない。

参考:floormag.net

ソンクラーンのルールは、明るくなってから暗くなるまでの間しか水を掛けてはいけない事になっています。

参考:YAHOO知恵袋

水鉄砲とかで人に向けて水を掛ける場合は、顔ではなくて胸やお腹に向けてかけるのがマナーっぽい

参考:thaismile.jp

ソンクラーンの持ち物

1.水着

2.水鉄砲

3.サンダル

4.携帯防水カバー

5.防水袋

バンコクへの行き方

成田から往復で64,000円~

skyscanner.jp

チェンマイへの行き方

成田から往復で60,000円~

skyscanner.jp

スポンサーリンク
SPONSOR
SPONSOR
スポンサーリンク
SPONSOR
SPONSOR