ブルガリア発!美容はもちろん女性ホルモンまで!?『飲む宝石』ローズオイルの効能がすごい!

e86d89a21c59116c31cdb329bfda878d_m

女性ホルモンのバランスの乱れを整えてくれると話題になっているローズオイル。

このローズオイルは1cc得るために2,500本ものバラが必要なんだとか。

また、ホルモンバランスを整えてくれるだけではなく美容にもいいということで、持っておいても損はないかもしれませんね。

女性ホルモンのバランスを整える!

現代社会において、女性ホルモンのバランスが乱れてしまう原因は沢山ありますよね。

でも、女性ホルモンって聞くと、大切だということはわかるけど、実際は意外と知らない部分が多いですね。

女性のホルモンバランスの乱れは生理不順、肌荒、更年期障害、骨粗しょう症、不妊にもつばがるので、できることは少しずつでも取り入れたいものですね。

1.実際に効果が出ているらしい

『人体反応検査による ローズオイルを食品・化粧品に用いた場合の効果』題して調査が行われた結果、効果は以下の通り。

a)顔の皮膚への使用は肌をより柔らかくし、弾力を増し、滑らかになって一段と見栄えが良く なった。

b)乾燥肌の被験者全てがしわ取り効果と共に普通肌状態への改善がある程度見られた。

c)身体部分へのマッサージ効果は、全身に大変有効で、強壮、作業能力の増進、リラックス、高揚、情緒安定などの効果があげられ、悪影響は何一つ見受けられなかったとのこと。

参考:人体反応検査による ローズオイルを食品・化粧品に用いた場合の効果

2.なぜローズオイルは女性ホルモンを整えてくれるのか?

バラの香りは『ゲラニオール』という香気成分によるものです。

このゲラニオールは女性ホルモンとの関わりが深いもので、女性ホルモンの一種、『エストロゲン』の分泌を助けます。

ローズオイルは女性ホルモンのバランスを整えるため、生理痛や月経前症候群、更年期障害の症状を緩和、骨粗しょう症、不妊などありとあらゆることに効果が期待できます。

また、自律神経にバラの香りの力で交感神経の緊張を緩め、副交感神経を刺激することで、自律神経のバランスもとれて結果としてホルモンバランスを整えることができるのです。

参考:MEMORIES OF LIFE

3.どのくらい摂取すればいいの?

一日の目安はローズオイル11mg摂取することができます。

※商品によって異なるようですので、その商品の用法容量に合わせて摂取されると良いですね。

※また、妊婦、授乳中の時は摂取注意とのこと。

参考:卸売りドットコム

その他にも沢山の効果が!

1.肌を若返らせて元気にする効果がある

すべての肌質に対応できる精油で、アンチエイジングに優れています。肌の潤いや弾力を取り戻し、肌を若返らせる効果があります。

また、シミやシワ、ニキビや傷などにも有効です。美肌を求めたい女性のための精油。

参考:アロマオイル効能ガイド

2.体臭を抑える!

ローズオイルを摂取すると体臭がほんのり甘い香りに変わるとか。

香りもきつくないので、男性にもオススメなんだとか。

ローズオイルを飲み続けることによって、体臭の緩和にも役立ちそうですね。

3.免疫力を高める!

ブルガリアでは殺菌作用、抗炎症作用があるローズオイルを使って免疫力を高めることで、自然治癒力も高まり体質改善や、アンチエイジングに役立てています。

ローズオイルは自律神経のバランスを整えることで、腸の働きが正常になり免疫が強化されるそうです。

参考:納得!ローズオイルの効果について

4.リラックス効果大!

例えば、不眠症の方は交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで起こるため、夜になっても興奮状態のままでは寝付きにくくなり、不眠症となるのです。

この不眠症もローズオイルの持つリラックス効果で、症状が緩和されるようです。

参考:ローズオイルのチカラ特集

5.アレルギー体質を改善する効果も!

アトピー、花粉症、ぜんそく、皮膚疾患などのあるアレルギーを持たれている方は、αリノレン酸の不足が一因だと言われていて、現代の普通の食生活の中では、摂取が難しいようです。

ローズオイルを体の中、外から摂取することで、かなり症状が改善されるようです。

参考:スリング&アロマスクール リセッツ

ローズオイル

美容用

スポンサーリンク
SPONSOR
SPONSOR
スポンサーリンク
SPONSOR
SPONSOR