美の秘密!南国発の海外セレブが愛飲している「ココナッツミルク」とは?

3d11687c22034f24c2db303dce459c18_m

今、話題沸騰中のココナッツオイルですが、今回紹介するココナッツミルクも秘めた魅力がたくさんあります。

ココナッツミルクを生活の中に取り入れて、美くしく、健康的な毎日を送りましょう。

ココナッツミルクって何?

ココナッツミルクはココナッツから搾り出されたもので、植物由来のため安心の成分が魅力です。

美容や健康に効果があり、海外のセレブ、ハリウッド女優、モデルのミランダ・カーも毎日欠かさず愛飲、愛用している今、話題の美容ワードです。

ココナッツミルクとココナッツオイルの違いについて

ココナッツミルクとココナッツオイルは、どちらも、原料自体は同じで、健康・美容に良い成分が入っています。

ココナッツミルクはビタミンEを豊富に含んでいて、肌や髪に塗ることで保湿剤としての効果を果たし、料理では、東南アジアの料理によく使用されています。

ココナッツオイルはココナッツミルクを分離させて作られたものです。

ココナッツオイルも食用のみならず、肌に塗るボディケア、フェイシャルケア商品として利用されています。

成分はミルクと同じく中鎖脂肪酸などを多く含んでいるため、アンチエイジングの効果が期待できます。

また、大きな違いとしては、ココナッツミルクの方が抗酸化作用がある栄養素が多く含まれているのでアンチエイジングにより効果的でココナッツオイルの方が熱に強く酸化しにくいという点があります。

ココナッツの燃焼力でダイエット効果も

ココナッツの脂肪には、『中鎖脂肪酸』がとても多く含まれています。

『中鎖脂肪酸』は体内ですばやくエネルギーに変換され、体内に吸収される他の脂肪酸の酸化燃焼を助長し、体脂肪の減少させてくれるのです。

歯や骨を強化

カルシウムとマグネシウムの吸収率を高めてくれるため、歯や骨を強化することができます。

骨粗しょう症予防としても大変期待されています。

アンチエイジングとして

ココナッツミルクには、抗酸化作用がある栄養素が多く含まれています。

酸化現象は、酸素と細胞が結びつく現象で、人間の体でいうと、シワやシミとしても現れます。

年齢を重ねるごとに、私たちの抵抗力は落ちるため、ココナッツミルクを摂取して酸化に対する免疫をつけることがアンチエイジングとなります。

中鎖脂肪酸とは

ココナッツや母乳にも含まれている天然成分で、一般的な油よりもすばやく消化、吸収され、すぐにエネルギーにかわってくれるのが特徴でしす。

現在、この特徴を活かして医療現場やスポーツ分野における栄養補給や生活習慣病予防など、様々なシーンで活躍しているものなのです。

ココナッツミルクの上手な飲み方

ココナッツミルクは、缶詰、パウダーで売られているので、グリーンスムージーに手軽に使えます。

ミランダ・カーもココナッツミルク入りのグリーンスムージーを愛飲していると話題です。

ココナッツミルクとグリーンスムージーは最高の組み合わせです。

1.ココナッツミルク+パイナップル+小松菜

パイナップルを合わせるグリーンスムージーの定番で、小松菜もトロピカルな雰囲気に変身します。

※ココナッツミルクで水分を調節しましょう。

2.ココナッツミルク+キウイ+サラダほうれん草

キウイとココナッツミルクとも相性が良く、サラダほうれん草の軽やかな味わいで、まろやかな口当たりです。

キウイはよく洗らい、皮ごと使うとたくさんの栄養素を接種できますね。

3.ココナッツミルク+ブルーベリー+モロヘイヤ

ブルーベリーに含まれるアントシアニンで、目の疲れを癒し、疲労回復効果の期待できるモロヘイヤも入れて、夏の太陽に負けないグリーンスムージーもいいですね。

4.ココナッツミルク+バナナ+ピーチ+ほうれん草

バナナとピーチの甘くさわやかな味わいが絶妙のグリーンスムージー。

甘いもの好きにはたまらないですね。

5.ココナッツミルク+バナナ+リンゴ+生姜+ほうれん草

ジンジャーが効いたグリーンスムージーで体を温めて免疫力をアップさせましょう!

早速取り入れて、美と健康につとめましょう。

スポンサーリンク
SPONSOR
SPONSOR
スポンサーリンク
SPONSOR
SPONSOR