やっぱり世界の温泉地はスケールが違う!心の芯から癒される世界の秘境温泉地10選

12981987585_4ee121ba4b_c

日本の温泉といえば別府温泉に草津温泉、登別温泉が有名ですが、世界の秘境にも有名な温泉地があります。

そんな、世界の秘境にある温泉を今回は見ていきましょう。

カルデイラ・ヴェーリャ(ポルトガル)

14699926459_fe0f60311d_zphoto by David Stanley

ポルトガルのサンミゲル島の山中に、このカルデイラ・ヴェーリャはあります。

源泉の水温は86℃で、バスタブに注がれる途中で湧き水と混ざり、適度な温度となります。

この温泉はなんと、酸性泉という泉質で、火山国に見られる泉質ですが、極めて数が少なく貴重な泉質となっています。

ポセイドン温泉公園(イタリア)

3789425140_7d25a9ac8f_zphoto by Andrea Battaglino

イタリアのナポリ湾に浮かぶイスキア島にあるポセイドン温泉公園はあります。

4箇所の源泉があり、バスタブごとに水温が設定されているので、好みの温度で温泉を楽しむことができます。

アハラヌイ温泉(ハワイ)

15081624752_10e6337632_cphoto by Debi Buck

ハワイ島ヒロ近郊にある有名な天然の温泉で、火山の地熱によって温められた天然の塩水温泉がビーチに隣接した場所にあります。

ここでは日本の温泉とは違い、水着着用して入る、海水浴場の延長のような感覚の温泉です。

マチュピチュ温泉(ペルー)

4121122892_92272ce3b5_zphoto by Yewco Kootnikoff

南米ペルーのマチュピチュ村にある温泉「アグアス・カリエンテス」は、マチュピチュの絶景を傍に大自然を眺めながら露天風呂に入れる秘境中の秘境温泉です。

ヒエラポリス・パムレッカ(トルコ)

7209710670_f67079c754_cphoto by Maria_Globetrotter (not globetrotting)

ヒエラポリス・パムレッカはトルコ西部にあります。

ここは、地下水が地熱で温められて地表に湧き出て温泉となり、その温水中から炭酸カルシウム(石灰)が沈殿して、純白の棚田のような景観を作り出したものです。

ブルーラグーン(アイスランド)

5195192840_22da6ee00d_bphoto by .Begga

アイスランドの露天風呂として世界的にも脚光を浴びるのが、 温泉リゾートであるブルーラグーンです。

アイスランドの南西部に位置し、ここの温泉は、地熱エネルギーを利用しています。

アッパー温泉(カナダ)

12981987585_4ee121ba4b_cphoto by pieshops@gmail.com

カナダのカナディアン・ロッキーの中でも、バンフの町は特に観光客に人気のある町として有名です。

そのバンフの山手にある温泉施設がアッパー・ホット・スプリングスです。

山や自然の動物を眺めながら入る温泉は格別です。

ポリネシアンスパ(ニュージーランド)

2248297942_cbb732254b_bphoto by benyeuda

ニュージーランド北の島のロトルアという大きな湖のある温泉街にこのポリネシアンスパはあります。

雄大な自然を眺めながら入る温泉は最高に気持ちよく時間を忘れてしまうほどです。

このロトルアは温泉で有名ゆえ、なんと日本の大分県別府市と姉妹都市に指定されているのです。

マニカラン温泉(インド)

12873909703_3772468e1f_zphoto by Adarsh Kuruvath

インドのヒマラヤ山脈の麓に湧く秘湯といわれるマニカラン温泉はインド最大級の温泉地です。

ジョーリ温泉(ハンガリー)

széchenyi gyógy...photo by hokieheart

ハンガリーの北東、山間の町エゲルにある温泉です。

ハンガリー国内はもとより国境を越えて湯治に来る人も多いという人気の温泉です。

スポンサーリンク
SPONSOR
SPONSOR
スポンサーリンク
SPONSOR
SPONSOR